無添加化粧品とは

無添加化粧品といっても、薬事法によって指定されている危険成分が含まれていないということで、全く添加物が入っていないという意味ではありません。化粧品の中には、石油からの合成成分や香料、防腐剤などを使用せず、天然成分だけで作られた化粧品もありますが、多くが無添加と謳っていても、添加物が使われてる商品がほとんどです

多くの無添加化粧品が添加物が使われていないわけではなく、あくまでも危険性が高い成分は含まれていない化粧品ということです。ただ、添加物が使われているからといって肌に悪いとは限りません。危険性の高い成分が配合されていないので、添加物が配合されていても安全性は確認されている化粧品とも言えるでしょう。

ただ、無添加化粧品と表記されているから安心と思い込んで使い続けるのは注意が必要です。無添加化粧品と謳われている化粧品も添加物が含まれ、危険ではない添加物によって刺激を受け、そのことで肌トラブルを起こすことがあります。添加物によって刺激を受けるかどうかは、個々の肌質によって異なります。

そのため、無添加化粧品と表記されているからと安心してスキンケアクリームをたっぷりと使うのではなく、初めて利用するスキンケアクリームでは、パッチテストをして自分の肌に合っているかを確認して使用する必要があります。